FC2ブログ
Wed.

物語なんていかが?

あまりにもマイナス思考になったので、何を考えたのか突然「物語」を考え出した一休サンです。

これがまたツマランのよ…。
ま、書く事が無いので、載せてみましたン。


◆ヒトデ物語◆

ある夜空の事、空のお星様が嘆いていました。
「あーぁ、なんか光ってばかりで疲れちゃった…」

すると夜行性のヒトデが海面に現れてこう言いました。
「じゃぁボクが海に反射したように芝居をしてあげる。
 その間光るのやめて休んでなよ。」


星:「ほんと? 嬉しいな、じゃぁお願い」
ヒ:「オッケー。任しといて!」

星:<光るのをやめる>
ヒ:<一生懸命水面に浮かぶ>

…ヒトデは一生懸命星の反射した姿を演じていました。
そんなヒトデが一匹二匹と増え始め…。やがて海一面を覆いました。

その夜、漁をしていた漁師たちに目撃され、「異常現象」という扱いを受けたヒトデたちは、新聞に大きく報道され脚光を浴びました。

報道タイトル:《夜の海面に映える、海の星!》

・・・そうです、ヒトデが"にしきのあきら"のような「スター」になった瞬間でした。


それからです。ヒトデを「海星」と書くようになったのは…。


…うーん、やっぱりツマラン。てか寒い。
スポンサーサイト



13:24 | 雑文 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
この曲を聴いてくれ!! | top | やばい、まじやばい

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する