FC2ブログ
Mon.

今日の自己満足

今日のお仕事は、実に2年振りにAccess2000でvbaのコーディング。
 
で、支払方法のマスタを作成して区分と名称を定義したんだけど、
こともあろうに、気が付けば区分の内容をプログラム内で固定情報として、固定で書いちゃったコードを直接判断基準にしちゃってた。
以下、そんな例(実際はもうチョット凝ったことしてます)

ResultSQL = ExcecuteSQL("select Kubun from KubunMaster")
Select case ResultSQL
Case "1"
MsgBox "銀行aに振り込んでください"
Case "2"
MsgBox "銀行bに振り込んでください"
Case "3"
MsgBox "代引にしてください"
Case "4"
MsgBox "カード払いで"
Case Else
MsgBox "現金手渡しします"
End Select

…こんな設計+コーディングしてるようぢゃ、もう引退だな。
 
だってさ、こんな区分を直にプログラム内で聞いてたら、
区分を変えたいとき、ここもいじくらなきゃならんじゃん。
 
正直、後で気付いたんだけどさ、「誰も見ないから。ってゆーか見れないから。」って、面倒クサがって見て見ぬフリ。
 
おいおい。こんな一休サンぢゃ無かったはずなのに…(疑)。
年を取るって、こんなにも行動力を変えちゃうんだ…(悔)。
 
…しかしまぁアレだ。
上手い下手は置いといて、とりあえずは楽しい。実に2年振りだし。
 
因みにどんなシステムかっつーと、

  • ヤフオクで「オークション終了」のメールが来る。
  • その中にある必要な情報を、PerlでCSVファイルに吐き出す。
  • Accessを起動して、csvをmdbに取り込む。
  • 落札者の情報をコピペ。
  • 拾ってきた情報と連絡有無、入金確認、発送、評価を判断して状況に見合ったメール文章を自動生成する。
  • メールの内容はクリップボードにコピーされているので、メールソフトを起動して返信メールにペーストする。
  • それらの情報で「月別売上一覧表」「商品別売上集計表」などの画面、帳票を出力することも可能。

 
いやぁ、実にくだらない(爆)
 
でも、一休さんにはすっげぇ役立っている。
因みに上記1と2は、madhatterクンに金出してやってもらいました♪
 
あ、当たり前だけど、取り込んだメールの抽出指定も可能。
 
…と言うわけで、今日は
自分勝手な自己満足に浸れるシステムを構築できました。
 
いいんだよ、このシステムを売ろうなんて思ってないし。
自分の会社の業務短縮に繋がるんだから。
 
どうでもいいけど、「ブログにこんなこと書かんでも…」ってツッコミは無しの方向でお願いします。
 
言語は何であれ、自分で描いたシステムが実現すると、
何とも言えない充実感がありますなぁ…。
 
システム業界に首を突っ込んどいて良かったと思った一日でした。




スポンサーサイト



23:47 | 仕事 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
自分のスキルがお金になる時代 | top | 自分の一番嫌な箇所を露呈した1日。

Comments

#
プログラムって便利だよね
by: ありむ | 2006/03/09 01:20 | URL [編集] | page top↑
# そぉね。
便利だねぇ。
プログラムが組めるようになるまでが大変だけどね。
 
この道を極められる人って、ホント羨ましい。
LesserPanda氏やArim君のようにね。
by: 一休さん | 2006/03/10 11:09 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する