FC2ブログ
Sat.

自分の一番嫌な箇所を露呈した1日。

真剣に考えてマス。
ガラでもなくクソ真面目に仕事の話。
 
今、片手間と言っては失礼になるが、サイドビジネスでサイトの構築とか、
他企業のダミー社員となり営業・ヒアリング・PCサポートをしている。
 
ところが、なかなかお金と言う利益に結びつかない。
 
「営業」として行くなら「金にならなかったら自分の営業力不足」と、
なんとか自分に言い聞かせて次に臨む。
 
実際、営業に行っても仕事に結びつかない事なんて日常茶飯事だ。
ヒアリングにしても同様なんだ。
 
しかし!
営業活動の経緯で知り合ったお客さんは、何か分からないことがあると
さも「教えてもらって当たり前。サポートしてもらって当たり前」ってな
行動に出る。
 
たとえばこんなケース。
 
「ちょっとPCの調子が悪いんだよ。見に来てくれない?」
「今エクセルやってるんだけど、どうやってセルの式を●●するの?」
「サイト持ってるんだけど、どうやってココを修正するの?」
 
これが友達や会社の先輩後輩ならぜんぜん気にならない。
 
だって同じようなことを、
LesserPanda氏やArimクン、でもってmadhatterクンにも一休さんはしてるんだもん(爆)。(彼等には、違うところで恩を返したい、と常々思ってる)
 
が、これが一度でも顔を見合わせたお客さんになると
営業しただけで「便利屋」として扱われている。
 
 
でも、上記の内容はまだ我慢できるんだよ。
 
だけど気の長ーーーい(?)一休さんでも、
「PCの購入を考えてるんだけど、一緒にPCショップを回ってよ」
「ウチの取引先の××が困ってるけど、僕じゃワカランから電話してあげてよ。」
「画像を加工したいんだけど、時間無いからやってよ」
 
…これはマジでキレそうになる!!
 
なんで一休さんがそこまでせにゃならんの?。
 
ってゆーか、
一休さんはアンタの社員ぢゃねぇだろっ!!!
 
自分の顧客なら納得できる。一休さんはサービス精神旺盛なんで。
 
しかし、前述した "他企業のダミー社員" となっている場合は非常に断りにくい。
 
ってゆーか断れない。
 
なぜって、一休さんは "ダミー社員" だから。
 
 
第三者がこの話を聞くと
「金取ればいいぢゃん。取れないのはそう言えない自分が悪いんでしょ?」
って言うと思う。
 
ソレ、間違いなく「正論」です。
 
でもね、このお客さんは、
一休さんがダミー社員になっている社長に話をもっていかず、
直接一休さんに連絡してくるんだよね。
 
しかも友達感覚でサ。 そうなると断れないんだよね。
 
そう、一休さんは何を隠そう、
 
すっげぇ情に流されやすく、義理人情で行動してしまう人種なんです。
 
イチ企業側の人間の立場からしたら「失格」なんです。
 
だってお金の請求が出来ない人なんだもん。
 
今日もこんな感じで、お金になることをボランティアでやってしまいました。
ホント、お金を取らなきゃいけない内容だったのに!!
 
 
お金を請求できない自分の性格が、ほとほと嫌になった今日の出来事でした。

スポンサーサイト
23:11 | 仕事 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
今日の自己満足 | top | 旧友との再会

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する