FC2ブログ
Sat.

バレンタインとは!?

やっと落ち着いてブログを書ける時間が出来た(正確には書く気になった)。
 
今週の火曜日、皆さんはいかがお過ごしだったのでしょうか?
火曜日。そう、バレンタインの日です。
 
このイベントが、一休さん的にはここ数年不思議でならない感がある。
 
まずは「義理チョコ・お世話チョコ」
これ、やめましょうよ。
 
べつに感謝の気持ちを表すのに、わざわざこの日を使う必要なんて何処にもないぢゃん。
 
また、女性の立場からすると、
「好きでもない人に自腹を切ってチョコをあげる」ことをしなきゃならん。で、義理チョコという面目なので、翌月のホワイトデーにはお返しをもらえるかどうかも疑問。
 
そもそもバレンタインってサ、
 
【Valentine:2月14日。聖バレンタインが処刑された日。欧では男が女にチョコレートやバラの花を贈る。日本では女が男にチョコを贈る。「なぜチョコレート?」はメーカーの陰謀説が有力】
ってコトなんですよ。
 
 
あとね、また例の如くお水の世界の話になって恐縮だが、
「ねぇねぇ、チョコを用意したからお店に来て~」
 
…これ、おかしくね?
 

上記説明の中にあるように、欧では男が女に、日本では女が男に。
 
そうなんです。「贈る」んです。
貰いに行くモンぢゃ無いんです。
 
それを意識せずに「は~い!」って行く男ども。
おめぇら「チョコ行脚」なんてしてまでチョコが欲しいか!?
それってなんか、カッチョワリィぞ!
 
バレンタインデーっていう世間のイベントを、店が活用しているだけでサ、単に売り上げを貢献しに行ってるだけぢゃんよ。
 
一休さん的に言うと、女の子にもあげる気持ちがあるとは思えん。

まあ
「私のコト好きなら、お店に来て売り上げに協力してよ」っていう、
一種の駆け引きも込めているんだろうけどサ。
 
別に悪いとは思わんけど、どーも腑に落ちんのよ。この光景。
 
もうちょっと浪漫を求めてもいいと思うんだ。
たかが「バレンタインデー」なんだけどね。
 
最後に、この内容は決して一休さんの「僻み」「妬み」で書いているわけではないことを加えておきます。
 
一休さんの今年の戦果は、8コ頂いております(威張!)
義理チョコも含むけど、ちゃんと郵便で会社に送ってくれるコや、お昼にわざわざ持ってきてくれるコもいます。
 
一休さん的には、こういう「贈る」って気持ちが一番うれしいんだ。
ちゃんと盛大にお返しするんだ!
スポンサーサイト



01:12 | 男と女 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
珍しく昔のCD聞いてます | top | 引越ししました

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する