--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Tue.

クドイテクダサイ

相変わらず迷惑な書き込みが多い。馬鹿な奴等だ。

てゆーか、「ボキの○○○をお姉たまに…」
そもそもなにが「 ボキ 」だよ! 「 ボク 」 と書けないのか!

表現そのものがすっげぇむかつく!

…という感じで、妙にイライラしている一休サンですこんにちは。


ムカツクと言えば…

先日、チョッパーと呑みに行ったときのコト。

「 バレンタインのチョコをもらえるように下準備をしよう! 」 と、
相変わらずチョッパーは挙動不審である

とりあえずヤツは 「 本命+α 」 からゲットできそうだからほぼ満足そう。
一休サンは、さてどうしたものか…。

とりあえず仕事の佳境は越えた(と思う)ので、最近堕落気味の一休サン、突拍子も無く

女の子に口説かれてみたい! と思ってみる。


口説くのは好きだが、口説かれた経験が記憶に無い。


しかし、街中を彷徨っている一般の女性が一休サンを口説きに来ることなんて有り得ない。
でも口説かれてみたい。

そこで考えた。
「キャバ嬢に口説かれてみよう!」って。

まぁお金を出すんだから、
キャバ嬢も指名客が欲しいんだから、
「気に入ったら指名してあげる」って条件をつければ、多分大丈夫だ。


ってコトで、作戦開始。

最初の女の子が隣に座る。

♀「こんばんは~。はじめまして○○○です」
♂「どーも…」
 「あのね、お願いがあるの」
♀「え?何ですか?」
♂「○○○が座ってる間、ボクを口説いてほしいの」
♀「え??」
♂「気に入ったら場内入れてあげるからサ」
♀「わかりました!頑張ります!」
♂「じゃぁ宜しくネ!」
♀「…」
♂「…」
♀「……」
♂「……」
♀「………あの、実は私、キャバ初めてなんですよ(苦)」
♂「………はぁ? あ、そうなの…」
♀「一休サンが目の前にいるとすごく緊張して…」
♂「…」
♀「何を話したらいいのかワカンナイです…」
♂「…そっか、残念だなぁ~」

二人目
【挨拶、条件省略】
♀「実はアタシ、そーゆ条件出されなくても、タイプですよ」
♂「あ、そうなんだ」
♀「でも口説くってどうやるんですか?」
♂「口説いて欲しい本人に質問するか?」
♀「あ、そっか…」
♂「でしょ?」
♀「…」
♂「…」
♀「……」
♂「……」
♀「……うわぁ、ダメだ。緊張して手に汗びっしり!!」
♂「いやいやいやいや、楽にしてよ」
♀「だって一休サン、フェロモンありすぎだもん!」
 「アタシには無理!」
 「一休サンがアタシを口説いてくれればいいのに…」
♂「主旨が違うから!」

最後
【挨拶、条件省略】
♀「指名もらえるなら頑張ろうっと!」
♂「うん、ぜひ頑張って!」
♀「でもね、アタシこの仕事向いてないんですよ…」
♂「なんで?」
♀「どうやったら指名が取れるかわかんないし…」
♂「うーん、じゃぁなんでこの仕事を?」
♀「楽だし時給がいいから」
♂「相手を楽しませる事はしないの?」
♀「楽しませ方がわかんないんです」
♂「…そーかぁ」
♀「アタシ一休サンを口説けないから、はっきり言います!」
♂「???」
♀「一休サン、私を好きになって!」
♂「告白と口説くは違うと思うんだけどなぁ…。」


結局、口説かれること無くタイムオーバー。
一休サンはそんなに高い要求を出していないのだが…。

最近のキャバ嬢は、男性を口説けずにこんな商売をしているのか!
仕事をナンだと思ってやがるんだ!


…いや、まてまて。
もしかして一休サンは…


口説く価値ナシってコトですか!!??



チョッパー曰く、
「口説く側は常に上から目線だから、女の子からしてみたらお前を上から目線で見れないでしょ?」


…そ~かぁ~???

…そーゆーもんかなぁ?


納得がいかない一休サン、ボーリングの約束を反故にした女の子に聞いてみる。

そのコ曰く、
絶対無理でしょーよ(爆笑)


なんでと聞き返す一休サン、そしたら
「一休サンの存在を知っているアタシですら、一休サンを口説くなんて自殺行為だもん」



最後に 「 じゃぁお前が一休サンを口説いてよ 」 とお願いしたら





ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリ!


絶対無理!!


一休サンはハードルが高すぎるのよ!





…なんのハードルだよ ´д`;

結局のところ、女の子から見た一休サンは
「一休サンに遊ばれて終了」と思い込むらしい。



なんて失礼な!


じゃぁもういいや!
口説かれる期待なんかしないで、自分で切り開こう!

スポンサーサイト
13:04 | 男と女 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
楽しいってこーゆーコトなんだな… | top | 大きくなったら理解してね

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kawakube.blog19.fc2.com/tb.php/213-159575c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。