--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

仇討ち? 単なる自己満足・・・?

以前の会社に勤めていた頃のお客さんから、メールが一通。
「最近、身体の調子はいかがですか?」と。

これは嬉しい!!

その会社に在席していたって証だし、辞めても連絡をくれるってのは
たとえ社交辞令でも涙が出そうになる。


というわけで、最近ヒトとの 「 ふれあい 」 に幸せを感じている一休サンです


最近、非常に楽しいコトをした。

何かというと、出会い系サイトに寄生しているサクラとのやりとり
ありえない内容でメールしてくるので、これをどうやって対処するか…。


文章を読まれる前に、言っておく事がある。


一休サンは決して出会いを求めているわけではない。
純情な知り合い(Nクン)に虚の気持ちを投げ、ポイントを貢がせて稼いでいる連中に
一休サンが挑戦したのだ(笑)


Nクン、仇はとってやんぜ!


もちろん、そのサクラを口説こうなんて思っちゃいない。
相手はプロだし、サクラである以上なんの進展もないだろうと踏んでいる。
第一時間の無駄ですから。

ただし一休サンだって馬鹿じゃない。
料金はビタ一文払うつもりはない。軍資金はあくまで無料ポイントだけ。


注意点としてはたった1点。


「 ミイラ取りがミイラにならないように! 」


方法は以下の通り。------------------

 1.サクラ満開のいかがわしいサイトを絞る(ググればすぐ出てくる)。
  (お試し無料ポイントが多いサイトのほうが面白い)

 2.ニックネームは呼んでも呼ばれても嬉しくない名前がいい。

 3.自分のプロフィールには以下のような内容を書く(箇条書きでなくても良い)。
 (例)
  ・はじめまして。出会い系未経験の「ウンコさん」です。
  ・趣味は「昭和52年生まれ」で、たまにマザーボードの裏から
   小銭をGetします。
  ・逆援助は望みませんが、お金が欲しいです。
  ・彼女はいますけど、お父さんが欲しいです。
  ・こんなボクでよければ、一緒に頭を掻きむしりませんか?

   ※日本語として意味がわからないものがbetter。

 4.掲示板には何も記載しない
 
 5.顔写真は載せない
 
 6.サクラを待つ。

--------------------------------------


登録後、わずが10分足らずで新着メッセージ。

メールのタイトルはこんな感じ。

「今ヒマです。会えますか?」
「いきなり会うのは恐いので、まずはメールから始めませんか?」
「彼氏との約束がキャンセルになったんで、時間を持て余しています」
「振られたばかりなので、慰めてもらえませんか?」

こんなのは放っておきましょう。ありきたりなサクラですから。


で、一休サンのお目にかかったサクラが登場。



タイトルは…



プロフィール見て気に入りました





馬鹿発見です!





こーゆー、いかにも話が合わない輩を待ってた(笑)。

いかにもこのサクラ、プロフィール読んでいない。
一体何を見て「気に入りました」なんだろうか?



実は、こーゆーサクラは大量にメールをコピペしている輩で、
誰に対しても同じメールの文章なんだよね。

でもって、100%のコピペ文章だから、文面に絶対私の名前を書いてない。
2通目からは名前を入れてくるけど、「ウンコさんさん」って敬称を2つ連ねてくる。
3通目からは予想通りの展開で、「えー何?話がかみ合わないんだけど…」となり
4通目は 「 アタシを馬鹿にしてるの!? 」 とキレかかったメールが来る。
5通目には 「 アナタさくらじゃないの!? 」 という意味不明なメールで終了。

このやり取りも、工夫すると結構楽しいかも(笑)

ここまではフツーのやり方だわネ。


ぶっちゃけ暇つぶし(笑)。



でも一休サンが楽しんでいるのはココから。


実は一休サンも1人2役を演じているのだ。

なにかっつーと、フリーアドレスを2つ使用して、ちがう会員に化ける。
でもって上記とは対照的なプロフィールを使用し、いかにも経験者を装う。

 ↑運営側から見て、IPアドレスの重複をチェックしているサイトには
 「会社内で、二人でこのサイトを楽しんでいます」と言い訳する(笑)


この2つのIDに、同じ人間から全く同じアプローチメールが届くのだ
しかもほぼ同じ時間に。


コレをみたら 「 サクラ全快モード 」って自爆してるよーなモンです。

それも何人もの女の子から、同じ文面が2つのIDに何通もくるから、
「このサイトはサクラが満開してますよ~」って宣伝しているようなもの(爆)
(運営者サン、もう少し考えたほうがいいよ~)


ここで一つのメッセージに的を絞り、また対照的な2人を演じるんです。

相手は、2人のカモを捉えたと勘違いしてるでしょう(笑)
でも残念ながら、私のカモはアナタなのです。


そして、「ボクと○○、どっちがいいの?」って聞く。
最後は「2股掛けられてたんだね…さよーなら(ぷっ)」

答えを聞いて、フリーアドレス抹消…。



こう考えると、「 男と女って実にくだらない駆け引きをしてるんだなぁ」
と、虚しくなってくるんだよね。相手の出方を観察するのは楽しいけど。


ただ、こんな陰険な行動でも、異性間の思考相違を垣間見ることが出来る。

正直な話、女性がありえないアピールをしてくれば、男性はコロッと
いってしまうワケなのだが、駆け引きの修行になる。

また、「この世に甘い言葉はねぇんだよ!」っていう戒めも身に付く。



やっぱ、出会いってどこで生まれるかワカランから面白いんだろうな。
ネットだけで賄おうとすると、虚しさが残るだけでしょうなぁ…。


外に出て、いろんな人と接して、自分を磨いていくという、
これが王道なんだろうなぁ…。

スポンサーサイト
00:26 | 男と女 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
誕生日プレゼント | top | もぉ!!

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kawakube.blog19.fc2.com/tb.php/175-d1b1ee49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。