FC2ブログ
Fri.

なかなかどぉして…

難しい!!
ショッピングサイトの構築って、考えなきゃならんことが山積みだ!

それは何か!?
分かり切ってたことなんだけど、何より重要なのは「知名度を上げる」
…これはあらためて実感。

というのは
ヤフーのような大手ショッピングサイトなら、サイト自体の名前が知れてるから知名度の心配は無いんです。

知名度があるってどーゆー事かっつーと…
訪問者が多いんで、繁盛の状況は品揃えがモノをゆーんだよね。

要するに
チョー有名どこのデパート(AEONとかAPITAとか)に店舗構えてりゃ、お客さんはその店舗目当てぢゃ無くても、見てくれるぢゃん。

運が良けりゃ、またはお客さんが気に入れば「お買い上げ~」。

ところが知名度が無いと、お客さんは訪問すら無い。

・・・当然です。
誰かに教えてもらう以外にそのサイトに行く手段が無いから。

「サイトに来てもらうことさえ出来れば…」

こう思うサイトオーナーは決して少なくない(…と本に書いてあった)。 納得である。


インターネットショッピングをする場合、ヒトは有名どこのショッピングサイトに直接アクセスする。

これが普通です。

ポータルサイトから商品名を検索するってコト、一休さんはよくやるんだけど、ソレをするにしても検索結果で上位にランクインしてなきゃ、訪問者は増えないよ。

下位にランク付けされてるサイトは、どうやったら訪問者を誘導すりゃいいのさ!?

確かに
見た目もとてーも(とってもの意)大事なんだけどさ、訪問者があってのデザインなんだわさ。当然の話なんだけどね。

そこで一休さんは考えた。
 知名度を上げるにはどうすれば良いか?
  ∟アクセスアップを図ればよいのだ!
   ∟どぉやってアクセスアップをするのだ!?
    ∟ある便利なモンを使用して…。
     ∟その便利なモンをここで公開するか?
      ∟まだ準備が整ってないから内緒!

…まぁ今日はその手続きで洒落にならんほど頭使ってた。

唐突だけど
ショッピングサイトってのは、小遣稼ぎ情報と共通するモンがあるんだねぇ。

でも
根拠と忍耐力が格段に変わってくる。クリック報酬型ぢゃねえんだからさ。(書いてる本人も良く分かってないです)

とにかく今日は
その下準備に追われて終わりそうだ…。
やればやるほどモチベーションダウンしてくゾ。

ちなみに
ショッピングサイトを構築して、3ヶ月で1つ売れれば販売センスがあるらしい。

…道は険しい。
…継続か放棄か。
…一休さんの自問自答。

…そういえば
…うちの社長、フィリピンから帰ってきてウィルス感染検査してねぇ。
…いま実はその社長と部屋で2人きり。

…ヤベェ。心なしか喉が痛い。


スポンサーサイト
18:52 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
まさかインフルエンザなんて… | top | いろんなサイトを立ち上げます!!

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kawakube.blog19.fc2.com/tb.php/15-28f68c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)