FC2ブログ
Wed.

好みのタイプは!?

美容院にて…

『あ、一休サンいらっしゃい。今日はどうします?』
 「もうロン毛は落ち着きたいから、ここらでバッサリと!」
『え!? どれくらい切るんですか?』
 「ブラッドピッドくらい」
『本気ですか?』
 「本気です。ブラッドピットにしてください!」
『わかりましたぁ!』
 
 …数十分後、
 鏡の中にはブラッドピッドにはほど遠いサルが写っていました。
 
 
そう、そのサルが一休サンです!
 
 
学生時分なら、登校拒否をしたい心境…
これじゃぁデートも出来んかも(泣)
 
 
やはりブラッドピッドにはなれない事を悟りました(爆)。
 
 
こんにちは一休サンです。
 
 
「一休サンの女性のタイプはどんな子ですか?」と聞かれると、
一休サンは口癖のようにこう言ってた。
 
「私に惚れてくれる女性なら誰でもいいです」 と。
 
これには "自分を好きになってくれる人なんていないから" という、
ちょっと遠慮がちで開き直った意味を込めて言っていた。
 
実は一休サン、PROFILEでは好きな女性像を掲げているが、
実はフィーリングが合えばそれでいいのだ。
 
でもそれを敢えて隠している。
 

しかしそんな思いとは裏腹に、ある女性は
" 誰に対しても愛情を注げる自信がある " という解釈をしたのだ。
 
 
…そうくるか!? てゆーか、そう解釈する輩が大半なのか??
 
 
正直、そんなことを微塵にも考えずに発言していた自分が、
すっげぇ恥ずかしくなった。
 
 
以来、その言葉は言わないようにしている。
 
 
ではどう対応するか…??
 
現在考案中だけど、たまたま今日そう聞かれることがあったので、
とりあえずこう答えました。
 
 
「一つのどら焼きを半分コして、一緒に食べてくれる女性」 と…。
 
その発言に対し、返ってきた回答は
 
「甘党の女性が好きなんですね(^^)」
 
 
うーん、素直に本音を言えばいいんだな…。

スポンサーサイト



01:30 | 男と女 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
心の叫び | top | 奇妙な出来事

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kawakube.blog19.fc2.com/tb.php/119-20328ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)