FC2ブログ
Thu.

こんな一休サンはいかがですか?

なぁ、そろそろ自分の本性をさらけ出すべきなんじゃね?
  は?なんのこと?
 
オメェ今でもすっごい短気じゃん、そーゆーところも見せないと…
  どぉして見せにゃならんのよ?
 
だって、相手に本当の一休を知ってもらわないと駄目じゃない?
  そうだけど…、それはトキと場合でしょ。
 
なんでよ?
  だって、短気を克服するために怒らないようにしてるんだもん。
  昔みたいに、些細なことで短気なんか起こしたくないし。
 
でも「事なかれ主義」社会において、ガツンと言える人材は必要なんだよ。
  そりゃ怒るときは怒るけど、自分の懐を大きくしたいのよ。
  「怒る」じゃなく「叱る」ってコトは、今後もするつもり。
 
でも、ありのままの一休を見せて、理解してもらうことも必要でしょ?
  あ、そういう意味では嘘偽り無い自分を出していくつもり。
  懐を大きくする作業とともに、自分には厳しく行きたいから。
  
  ただし、自分が人様に対し「叱る」だけの資格を持ち合わせているかどうか…
  それが当面の目標です。短気とは別だと思ってます。
 
 
…あ、去年あるヒトと話した内容を思い出したので、
何となく綴ってみた一休サンです。どうもこんにちは。
 
 
 たまにゃぁクソ真面目な話なんかいかが? 

今の社会は「IT時代」、その前は「バブル時代(時代?)」
だと思ってるんだけど、さらにもっと前にあった「高度経済成長時代」ってあるんですよ。
 
確か
「第二次世界大戦、アメリカ軍空爆機B29が東京を壊滅状態にして、広島・長崎に原爆を投下して、日本が戦争で負けを認めた後の時期からはじまった時代」

と記憶している。
 
で、めまぐるしい復活と進化を成し得て、今の日本があるんよ。
その時期からだったと思う。日本の技術が世界に認められるようになったのは…
 
 
そんな革新的な時代の代名詞的存在が、「田中角栄」氏。
(当時は総理大臣?だったっけ?)
 
吉本新喜劇でお馴染みの「島田一之介」さんがモノマネをしてるヒト。
# 今は「田中真紀子」サンのモノマネをしてるけど
# 何が違うのか良く分からない…
 
話は逸れたけど、この田中角栄サンが当時こんな発言をしたそうです。
 
 
「澄み切った青空の下でおにぎりを食べるのもいいが、
 多少空が濁ってもいいからステーキを食べましょうよ」
と。
 
何を意味しているかというと、
「農業よりも工業に力を注ぐことによって、少し自然を破壊してしまうが
 そうすることによって得られる多大な富で、裕福な生活が期待できる」

 
一休サンは、そう解釈しています。
もし、間違っていたらご指摘ください。
 
 
この発言の結果が、4大公害病を招くことになったのだと思うが、
しかしながら今の時代の進化はここから始まったのだとも思える。
 
 
一休サンは、実は自然大好き派。
実は都会よりも田舎のほうが大好きなんだ。
 
 
でも皮肉なことに、今の一休サンはIT関連の仕事をすべく、名古屋に出て仕事をしている。
 
確かに一休サンが「クワとカマ」を持って農業している姿は、自分でも想像できないし
そんな体力も無い。
 
でも本当は、本当は、一休サンは自然に囲まれた生活がしたいのだ。
 
 
一休サンの体調は環境にすごく敏感で、田舎に行くとすごく安らぐ。
反対に排気ガスで充満している都会に出ると、すぐ悪化する。
 
それでも今の一休サンからIT系の仕事を取り上げたら何も残らないし、
今の時代ぢゃないと生きていけない一休サンがここに居る。
 
 
うーーーーん、どっちがいいんだろうな?
たまにはこんな討論をしてみたいものだ…(誰と!?)

スポンサーサイト
18:00 | 物申す! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
surprise …てゆーかサプライズ | top | あえて無題

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kawakube.blog19.fc2.com/tb.php/104-ef516ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)