FC2ブログ
--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

一休サン、OSを使いこなす

17日にチョコを貰った一休サンですこんにちは。

今回はPCの話。

【一休サン、OSを使いこなす 其の1】

一休サンはMac OS X を使っている。
macmini と macbook。

macminiのほうは1世代(?)前の core duo 1.66 のタイプ。
標準OSは Tiger。

もともと Photoshop7を使いたいがためだけにLeopardを諦めていた。

ところが Tiger の Boot Camp フリー版が使えなくなったおかげで、
泣く泣くLeopardにせざるを得ない状態に。

まぁ MacBook が Leopard だったから、両者を比べるとLeopardの方がいいので、
この際 Leopard にアップしちゃおうと決断し、Leopard に上げました。

CPU の絡みで若干心配はあったものの、何の抵抗も無くインストールできちゃった。

さて、Photoshopの問題はどうしようか…



【一休サン、OSを使いこなす 其の2】

一休サンは基本的には Mac 派。
システム屋のクセに Windows を好まない。

やむを得ず Macmini, macBook のboot camp を使用して、Windows XP を導入。

でもインターフェースが気に入らない一休サン、
無理やりインターフェースを Mac にしちゃう。

このソフトを使うと、画面周りが Mac に程なく近づく。
今のところ安定している。

ちなみにこのソフト、FlyakiteOSX というもので、ググるとすぐ出てくる。
やっぱり、一休サンと同じコトを考える人種は多いようだ。

フリーソフトなので、当然導入には自己責任。

フォントはとりあえずメイリオを使用しているが、クリアフォントなので「Styler」というソフトを使用している。
一休サンにとって、このソフトはセットなのだ!。



因みに FlyakiteOSX は Windows XP のみ対応しているが、XP を SP3 をあてると、タスクバーに不具合が出るケースがある。
一休サンも相当悩んだが、ググりまくって UXTender なるフリーソフトを発見!

同じコトで悩んでいる方、一度お試しあれ(笑)。


…とまぁ、一休サン的には満足しているが、Windows 慣れしている他の社員からは
「一休サンのPC、MACみたいで使いにくい!!」と非難轟々。

同じ WIndows XP なのに…。 ´д`;

でも一休サンに言わせれば、
「ITの人間なら、どんなOSでも使いこなせよ!」なのだ。



【一休サン、OSを使いこなす 其の3】

上記で偉そうなことを念頭においている一休サン、
やっぱり Windows を使えないと仕事にならない。

最近、お客さんの大半が Windows Vista を導入し出したため、ITの人間が
「Vista を使ったことが無いのでワカリマセン!」ってゆー言い訳をしたくない。

よし!勉強のために Vista を使ってみよう!

OSを購入したのはいいものの、インストールするPCが無い。

とりあえずパーツを寄せ集めてPCを組み立ててみる。

できた寄せ集めのPCは以下のスペック。

・CPU : Celeron 2.4 Ghz
・MEM : 1 GByte
・HDD : 40 GByte

ドライブはDVD。

…なんともパッとしないスペックだ。

で、用意した Vistaは「 Urtimate 」。



……


大丈夫か??


案の定、とてつもなく遅い。
起動に5分くらいかかる(もっとかな?)

で、無理やりSP1をあててみる。



…遅っ!


使い物にならない。XP ならサクサク動くのに…。


仕方が無い、PCを買おう。

無理して買ったPCは、DOSパラで売ってるコレ


白が好きな一休サンだが…


…ダサっ!


でも嫁が買ってくれたので文句は言わない。
性能はそこそこ申しぶんない感じ(どっちだよ?)

液晶は綺麗。いい感じだ。


で、期待の Vista を入れてみる。


…快適だぁ~ ´▽`ノシ

でもやっぱりインターフェースが気に入らない一休サン、
また悪い癖が出てしまい、無理やり Mac 化を試みる。

今回使用したソフトは「 VistaOSX
で、インストールした機能は「 Leopard 」のみ。

Dock は XP と同じく ObjectDock を使用。

更に動作を快適にするため、このサイトで Vista をお勉強

いやぁ、快適だ…。


ちなみにこのノートに名前をつけた一休サン、
名前というよりアダ名かな。

命名:「ブサッパちゃん」
ブサイクパソコンを可愛く(?), 愛情を注いで命名。

200902182039000.jpg




【一休サン、OSを使いこなす 其の4】

一休サンは仕事で Linux を触っている。

そーです、MacOS の母体となっている Linux です。

とりあえずえらそうなことは言えないが、CentOS を勉強中。
コマンドもなんとなく覚えてきた一休サンにはいい感じ…。


…と思いきや!


思いっきり GUI じゃないですか!!


コマンド少し覚えたのに肩透かしをくらった一休サンがここにいる。


…なのに、なぜか会社で
「一休サンは会社で一番 CentOS を知っているから、わかんないことがあったら一休サンに聞いてね」

って


なんでそうなってんだよアタシの上司!!?

一休サンは勉強中だから!!

これか…

これが俗に言う


イヤガラセってやつですね?


ハートブレイクしたを理由に今日も呑みに行く…。


一休サンに春は来るのか…???


スポンサーサイト
21:05 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Mon.

楽しいってこーゆーコトなんだな…

にゃは…
にゃはは…
にゃははは!!!

いや、別に変態になったわけではない一休サンですこんにちは。


いや、嬉しいんですよ。
久しぶりに嬉しいんですよ。
本当に久しぶりに楽しいひとときでしたよ。


今日、チョッパーと暇つぶしに昼キャバ行ったんですよ。

昼キャバってはじめてでさ、勝手がワカンナイと思ってたんだけど
よーーーーく考えたら「 時間帯が違うだけじゃん!」 と、後で気付いた。

でもあんまりノリ気じゃなかったのが表情に出てしまい
「つまんねぇーオーラ全快!」って感じ…


(´д` = 3  フゥ … ツマンネェ


でも最後のコが


すごく…


すごーーーく…


すごぉーーーーーく!



一休サンのツボに嵌っちゃいまして…



な、なんと!


この一休サンが…


自ら延長してしまいました!


延長って、一休サンにしたら大事件なんですよ!

何年ぶりだろう? こんな感じ…。




さ、これでしばらくは仕事に没頭できそうだ!


チョッパー、一緒に頑張ろう!!

00:43 | 夜の徘徊 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Tue.

クドイテクダサイ

相変わらず迷惑な書き込みが多い。馬鹿な奴等だ。

てゆーか、「ボキの○○○をお姉たまに…」
そもそもなにが「 ボキ 」だよ! 「 ボク 」 と書けないのか!

表現そのものがすっげぇむかつく!

…という感じで、妙にイライラしている一休サンですこんにちは。


ムカツクと言えば…

先日、チョッパーと呑みに行ったときのコト。

「 バレンタインのチョコをもらえるように下準備をしよう! 」 と、
相変わらずチョッパーは挙動不審である

とりあえずヤツは 「 本命+α 」 からゲットできそうだからほぼ満足そう。
一休サンは、さてどうしたものか…。

とりあえず仕事の佳境は越えた(と思う)ので、最近堕落気味の一休サン、突拍子も無く

女の子に口説かれてみたい! と思ってみる。


口説くのは好きだが、口説かれた経験が記憶に無い。


しかし、街中を彷徨っている一般の女性が一休サンを口説きに来ることなんて有り得ない。
でも口説かれてみたい。

そこで考えた。
「キャバ嬢に口説かれてみよう!」って。

まぁお金を出すんだから、
キャバ嬢も指名客が欲しいんだから、
「気に入ったら指名してあげる」って条件をつければ、多分大丈夫だ。


ってコトで、作戦開始。

最初の女の子が隣に座る。

♀「こんばんは~。はじめまして○○○です」
♂「どーも…」
 「あのね、お願いがあるの」
♀「え?何ですか?」
♂「○○○が座ってる間、ボクを口説いてほしいの」
♀「え??」
♂「気に入ったら場内入れてあげるからサ」
♀「わかりました!頑張ります!」
♂「じゃぁ宜しくネ!」
♀「…」
♂「…」
♀「……」
♂「……」
♀「………あの、実は私、キャバ初めてなんですよ(苦)」
♂「………はぁ? あ、そうなの…」
♀「一休サンが目の前にいるとすごく緊張して…」
♂「…」
♀「何を話したらいいのかワカンナイです…」
♂「…そっか、残念だなぁ~」

二人目
【挨拶、条件省略】
♀「実はアタシ、そーゆ条件出されなくても、タイプですよ」
♂「あ、そうなんだ」
♀「でも口説くってどうやるんですか?」
♂「口説いて欲しい本人に質問するか?」
♀「あ、そっか…」
♂「でしょ?」
♀「…」
♂「…」
♀「……」
♂「……」
♀「……うわぁ、ダメだ。緊張して手に汗びっしり!!」
♂「いやいやいやいや、楽にしてよ」
♀「だって一休サン、フェロモンありすぎだもん!」
 「アタシには無理!」
 「一休サンがアタシを口説いてくれればいいのに…」
♂「主旨が違うから!」

最後
【挨拶、条件省略】
♀「指名もらえるなら頑張ろうっと!」
♂「うん、ぜひ頑張って!」
♀「でもね、アタシこの仕事向いてないんですよ…」
♂「なんで?」
♀「どうやったら指名が取れるかわかんないし…」
♂「うーん、じゃぁなんでこの仕事を?」
♀「楽だし時給がいいから」
♂「相手を楽しませる事はしないの?」
♀「楽しませ方がわかんないんです」
♂「…そーかぁ」
♀「アタシ一休サンを口説けないから、はっきり言います!」
♂「???」
♀「一休サン、私を好きになって!」
♂「告白と口説くは違うと思うんだけどなぁ…。」


結局、口説かれること無くタイムオーバー。
一休サンはそんなに高い要求を出していないのだが…。

最近のキャバ嬢は、男性を口説けずにこんな商売をしているのか!
仕事をナンだと思ってやがるんだ!


…いや、まてまて。
もしかして一休サンは…


口説く価値ナシってコトですか!!??



チョッパー曰く、
「口説く側は常に上から目線だから、女の子からしてみたらお前を上から目線で見れないでしょ?」


…そ~かぁ~???

…そーゆーもんかなぁ?


納得がいかない一休サン、ボーリングの約束を反故にした女の子に聞いてみる。

そのコ曰く、
絶対無理でしょーよ(爆笑)


なんでと聞き返す一休サン、そしたら
「一休サンの存在を知っているアタシですら、一休サンを口説くなんて自殺行為だもん」



最後に 「 じゃぁお前が一休サンを口説いてよ 」 とお願いしたら





ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリ!


絶対無理!!


一休サンはハードルが高すぎるのよ!





…なんのハードルだよ ´д`;

結局のところ、女の子から見た一休サンは
「一休サンに遊ばれて終了」と思い込むらしい。



なんて失礼な!


じゃぁもういいや!
口説かれる期待なんかしないで、自分で切り開こう!

13:04 | 男と女 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Sun.

大きくなったら理解してね

最近、異性運がない。

えっ? なんでかって?


簡単な話です。


ときめかないんです


チョッパーの分析によると、2年前の複数相手にしていた一休サンと今は印象がかけ離れており、女の子が軽いノリで接しづらくなったという。


それもこれもみんな…

。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!

(以下省略)


あ、こんにちは一休サンです。


久しぶりに子供たちとお風呂に入った。
いや、けっして一休サンがお風呂嫌いってワケではない。

単に遊びまくって帰りが遅いのだ。
いや、ホントに遊びまくってではなく仕事でですよ。


話を戻して、なぜか一休サンの子供は3人いる。
でもって、なぜか男女女の構成。

なんでだろう?


で、一番下の子が男の子に付いている物体に興味があるようで、
しきりに握ってくるのだ。それがまた気持ち悪い。

「あのな、そんなに触るもんじゃないんだぞ!」
って教えるが

「チ○チ○ ぶらぶら ソーセージ~♪」
と歌ってその場を凌ぐ愛娘。


当然長男もそのような攻撃に遭遇しているようで
「コイツいっつも触ってくるんだよ!」と困惑気味。


いったい誰に似たんだよ…´д`;


父親として今後の教育を考え、男と女の区別を教えるべく愛娘に質問をする。

「おまえにはコレ付いてないの?」と聞く一休サン。
「うん、アタシ女の子だから付いてないの」と返す愛娘。

「んじゃぁ女の子には何が付いているの?」と聞き返す一休サン。

一休サンは
「女の子は胸が大きくなるの」 という答えを期待する。



ところが返ってきた答えは…


「んっとねぇ…




オモチャ!



…´д`;
……´д`;


だからコイツ、いったい誰に似たんだよ!?
´д`; ´д`; ´д`;


と呆れながらも爆笑した一休サンと愛息子。


まぁ、発想自体は一休サンかな…。
(どんな発想や!?)


まぁ、この子が成人を迎えるころには理解してほしいもんだ。


03:53 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。