FC2ブログ
Mon.

自暴…

突然ですが、存在価値について考えてみた。
家族のこと、会社のこと、社会のこと、地球のこと、冥王星のこと…。
 
悩むことはおおいにあるが、結局自分ではどうにもならんもんなのか?
(まぁ自分の体調もコントロールできねぇオトコだしさ)
 
 
こんにちは。一休サンです。
 
 
土曜日に会員制の時間制クラブへ。
そこで、すっげぇ衝撃的な出会いがありました。
 
あーもう言い表せないほど至福のひと時…。
 
そこのママにも気に入ってもらえるよう、精一杯の配慮トークを披露。
(どうしてもママには気に入ってもらうように頑張る不思議な一休サン)
 
 
そこには欠点の無い一休サンが、誇らしげに自分をアピールしている。
 
 
そこまでは良かったんです。その場は自分でも納得のいく展開でした。
 
当然のように自分の担当をお店に通知し、これからも宜しくお願いしますと
言わんばかりの一休サン、連絡先をいただきました。
 
 
…悲劇はここから始まったのだ。
 
その後の予定を一通り終え、至福の時間をいただいたお礼のメールを。
これは一休サンの中では当然の社交辞令。下心とは無関係です。
 
メールアドレスを入力し、
 タイトルと書いて、
  メッセージとオリジナル画像を加え、
   いざ! 送信!!!
 
 
…通じない!
 …送れない!!
  …貰ったメアドが間違っている!!
 
 
 Oh! No!!!!
 
 
まさかの展開。その後は放心状態…
 
 
やっぱり、「邪な心のままそんなコトしてんじゃない」と、
誰かに言われている気がする
 
 
だってしょうがないぢゃん、遊んでくれないんだもん。
 
一休サンだって、寂しいときは寂しいんだよ!


スポンサーサイト



00:16 | 夜の徘徊 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Sat.

宣戦布告!!

女の子からモーニングコールされて清々しく目覚めたのだが、ものの
数十分で携帯電話のバッテリーが切れて、不完全燃焼の一休サンです。
 
でもモーニングコールって、すっげぇ嬉しい(≧▽≦)
 
 
突然ですが、レッサー氏より、とある宣戦布告を受けた一休サン、
 ※レッサー氏はHNを「人斬り抜刀斎」と変えたそうだ…(汗)
 
宣戦布告内容、それは… " Vリーグ "
 Vリーグ、早い話が「チョコレートの数を勝負する」というモノ。
 
ただし、万が一にも気持ちの篭ったチョコがあり得るので、「知り合いや
付き合いのある女性からの大切なチョコはカウントしない」と言う、
「夜の世界限定」のイベントとし、さらに「店内での譲渡はカウントしない」
というルール付き。
 
 
…はっきり言って自信なし
 
 
つーか、どっからそんな企画を思い付くんだ?
よっぽど自分に自信があるんだろうな「人斬り抜刀斎」…
 

そもそもなんで対戦相手が毎回毎回一休サンなんだよ!?

 
--------------- ココカラは一休サンの本心 --------------------
 
でも一休サンとしては、この企画の一部には賛同するのだ。
 
バレンタインって、なんだかんだ言っても男にしてみりゃ
年に一回のドキドキするイベントなわけです。
 
面と向かって渡されるシュチュエーションが、この上ない至福の瞬間。
 
当然一休サンも例外ではない。
 
 
でも仕事や学校とかで、お互いの予定が合わず会えないのが多いだろうけど、
それでも
 相手から嫌われていなければ、
 相手から日頃から感謝されていれば、
 相手からお世話になっていると思われていれば、

会わずしても会社とかに郵送で送ってもらえれば、この上なく嬉しい。
 
 
しかし、それによって自分が相手にどう思われているのかが判ってしまう諸刃の剣…
「義理でも貰えるかも…」と、期待していたのに貰えなかったら、落胆この上なし。
 
 
そんな感じなんです。少なくとも一休サンはそう思っている。
 
 
そんなささやかな男性の淡い気持ちを、
単なるイベントして釣ろうとする魂胆がとても許せない一休サン、
特に店のくだらない「バレンタインイベント」には、ご立腹もいいところ!
 
男性にとって大事な時期を
くだらないイベントに割り振らないでほしい。
 
そういった意味では今回受け取ったこの宣戦布告、
一休サンはお店に叩き付けます!

主旨はともかく、頑張ろう!
敵をたくさん作ろうが、店では絶対に貰わねぇ!!
 
11:27 | 物申す! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Sun.

心とは裏腹に…

最近、行動がおかしい一休サンです。
 
 
↓で「会いたいなぁ…」なんて書いているくせに、そのチャンスを自ら棒に振っている。
 
 
素直に「ありがとう!じゃぁ○○に×××で会おう(≧▽≦)」とか言やぁいいのに、
妙にカッコつけたメールで、「気にしないでいいよ」とかサ…。
 
 
バッカじゃないの一休サン?
 
 
…反省してます。

01:18 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Wed.

心の叫び

 
 
 
 
会いたいなぁ… 
 
 
 
 
01:20 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Wed.

好みのタイプは!?

美容院にて…

『あ、一休サンいらっしゃい。今日はどうします?』
 「もうロン毛は落ち着きたいから、ここらでバッサリと!」
『え!? どれくらい切るんですか?』
 「ブラッドピッドくらい」
『本気ですか?』
 「本気です。ブラッドピットにしてください!」
『わかりましたぁ!』
 
 …数十分後、
 鏡の中にはブラッドピッドにはほど遠いサルが写っていました。
 
 
そう、そのサルが一休サンです!
 
 
学生時分なら、登校拒否をしたい心境…
これじゃぁデートも出来んかも(泣)
 
 
やはりブラッドピッドにはなれない事を悟りました(爆)。
 
 
こんにちは一休サンです。
 
 
「一休サンの女性のタイプはどんな子ですか?」と聞かれると、
一休サンは口癖のようにこう言ってた。
 
「私に惚れてくれる女性なら誰でもいいです」 と。
 
これには "自分を好きになってくれる人なんていないから" という、
ちょっと遠慮がちで開き直った意味を込めて言っていた。
 
実は一休サン、PROFILEでは好きな女性像を掲げているが、
実はフィーリングが合えばそれでいいのだ。
 
でもそれを敢えて隠している。
 

しかしそんな思いとは裏腹に、ある女性は
" 誰に対しても愛情を注げる自信がある " という解釈をしたのだ。
 
 
…そうくるか!? てゆーか、そう解釈する輩が大半なのか??
 
 
正直、そんなことを微塵にも考えずに発言していた自分が、
すっげぇ恥ずかしくなった。
 
 
以来、その言葉は言わないようにしている。
 
 
ではどう対応するか…??
 
現在考案中だけど、たまたま今日そう聞かれることがあったので、
とりあえずこう答えました。
 
 
「一つのどら焼きを半分コして、一緒に食べてくれる女性」 と…。
 
その発言に対し、返ってきた回答は
 
「甘党の女性が好きなんですね(^^)」
 
 
うーん、素直に本音を言えばいいんだな…。

01:30 | 男と女 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Mon.

奇妙な出来事

なっちゃいましたよ。
本日を以って年齢1コ、くっちゃいましたよ。
まぁだんだんとオヤジ化していくんだろうなぁ…
 
…しみじみ考える一休サンです。
 
 
そんな一休サン、今でも理解不可能なことが…
 
 
転職したので起床時間が早くなった一休サン、
出勤2日目をクリアした翌日の休日、奇妙なことで目が覚めた。
 
 いつもどおりの目覚ましで起きたとか
 子供に馬乗りされて、苦しくなって起床とか、
 昔の先輩からのモーニングコールとか
 
そんなコトではないんです。
 
 
なにかっつーと、
 
いきなり左足がつったんです。
 
 
いきなりですよ?夢はほんわかな感じだったんです。
 
意味不明な激痛が左足を走り、
とにかくベットでうずくまる一休サン。
 
何がどうなったか判らないまま、
とにかく左足首を90度の角度に保つために必死な一休サン。
 
その日は休日だったのでいつものとおり誰もいないのだが、
とにかく頭の中では「イテェ!」を連呼する一休サン。
 
 
結局どうしたらいいのか分からなかったので、無理矢理体を起こし、
何故かファンヒーターのスイッチを付けて気絶しました。
(二度寝したとも言う)
 
 
暫くしても痛みは治まらず、ふくらはぎが肉離れした感覚が残留。
今でもちょっと痛い感じ(>_<;)
 
 
…コレは一体何なんだろう? 呪い?(←誰の??)
 
 
そうそう、こんなコート買いました。店長っぽくないでしょ?
 
このコートで出勤する一休サンなのだ!!
(無謀と言うのか馬鹿と言うのか…)
20070108.jpg

02:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Thu.

今日から3年ぶりのサラリーマン再出発!

本日よりシステム屋に再就職なんだけど、ガラでもなく緊張し
さらに前日挨拶文を考えていたのに、そんなこと言う機会も無く
いきなり「請求書発行」「客先まわり」をした一休サンです。
 
 
…所詮オイラの挨拶文なんて公開するほど大したモンぢゃ…
(といいながら、心の中でほっとしている一休サンでもある)
 
 
しかしよくもまぁノコノコと…システム事業にカムバックできたモンだ。
 
我ながらどぉゆー神経してんのか理解に悩む。
とはいいながら、未練があったから再起したのかもしれない。
 
 
確か31歳の3月31日か…。システム屋を去るべく退職届を出したのは…。
 
その後は印刷・製版、WEBデザイン、でもって動画編集や作曲などの「クリエイティング」を必死になって遂行し、1年未満で緊急入院…。 病院で生死に関わる大手術を施され、2年もの間リハビリをしてきた一休サンの人生。
 
 
システム屋に留まっていれば、こんなことにはならんかったかも知れぬ。
 
 
まぁそんな感情は少しあるものの、後悔はしていない。
それなりに収穫は多々ありましたんで(笑)
 
 
そんな一休サンも、あと数日でXX歳
 
 
まぁ↑を読みゃぁ年齢の見当つくってば…
 
 
このトシになっても、遊び心満載で落ち着く気配全くなし。
でも落ち着いてるように見られるので、それはそれで由としましょう。
 
これからも体調をこまめに管理し、おいしい店を発掘することに努めます。

23:31 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Tue.

車とは…

新年挨拶のために実家へ行き、
年に一度しか見ない姉夫婦の子供(♀)×2に挨拶をされた一休サンです。
 
え? 普通じゃん… って思うでしょ??
 
ところがところが、去年まで一休サンの顔を見ただけで逃げ出してたんです。
でも挨拶したらお年玉がもらえることを知ったのだった。
 
しかし挨拶するだけで、絶対に近づいてこない。まぁいいんだけどね^^;) 
 
 
息子の通う保育園児には一休サン人気あるし。
 
 
 
そんな一休サン、こんな記事を見つけました。
 
 
自動車メーカー社長「なぜ車が売れないか正直言って分からない」
 
 
あまり2ちゃんねると関わりがない一休サンだが、今回ばかりは賛同する意見が多い。
 
 
実は一休サン、前回のブログでこんなことを書いたとおり、180SXに乗っていた。
 
当時は「あ、コレだ!」と、戦慄が走るほど180SXに魅力を感じ、すっげぇ無理して中古を購入したんだけど、残念ながら現代の車でそんな感覚を受ける車が無い。(まぁ今の時代がワンボックスだからしょうがねぇんだけどね)
 
だから今、「一休サンが欲しい車は?」と聞かれたら「別に…」となってしまうし、あったとしても状態の良い中古車を選ぶと思う。引き続き180SXか、2世代前のフェアレディZとか…、ちょっと無理してマツダ7とか。
 
 
当然そんな車を購入すると、維持費が大変なんです(なんせ燃費が超悪い!)。
 
 
さらにガソリン代が高くなるし消費税も上がるみたいだし、車を所有するデメリットがでかくなる。そうなりゃぁ必然と「燃費のいい車」となる。ワゴンRとか軽自動車とかサ。
 
 
一般階級の僕らの世代では、そう考えるのが普通でしょう。
どんなに性能のいい車を出しても、買えるのは上流階級の人たちだけ…。
 
 
結果、一休サンは180SXを手放してアトレーに乗り換えました。
(どんだけ心で泣いたことか…)
 
 
以上、一休サン的勝手な意見「なぜ車が売れないのか?」について
 
 Answer:
 1.魅力を感じる車が全然ない(戦慄が走るほどのインパクトがない)。
 2.魅力を感じる車に限り中古車しかなく、維持費が大変。
 3.一般人がどこに費用をかけるかを考えたら、迷わず「車以外」でしょ。
 
 
だと思うんだ。
 
 
でもね、邪な意見ですが、デートするならやっぱりお洒落な車がいい。
そのために年収アップを図り、セカンドカーを所有する。
 
…いまの一休サンは、これが目標!(抱負ではありません)

22:21 | 物申す! | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Mon.

あけおめです。


A HAPPY NEW YEAR!

 
 
いよいよ2007年度を迎えました。
 
本年は自分の人生がかかった重要な年であると確信しているものの、
さて年始であるこのブログをどうしようか、書きながら悩んでいる、
それでいて上戸彩が好きになりつつある一休サンです。
 
 
ここで抱負を書くって言うのも何か抵抗があるんだけど、
でも年頭なので明記しておこうと…
 
・仕事で成功する
 「一休サンが来てくれて本当に良かった!」と言わせてみせる
 SE と Web Designer と 店長と クリエイターの経験を
 無駄にしていないぞと言わせて見たいものだ。

・持病とうまく付き合っていく
 「クローン病」は、少しムリをさせただけでスグにひねくれる。
 この飼い主(宿主)にも噛み付く厄介者と、うまく付き合って
 いくことが、本年から鍵となるんでしょうな。
 
・出遅れた分を取り戻す
 去年で、随分とArimクンに差をつけられてしまった。
 技術で勝とうとは思わない(勝てねぇし)が、今度再会する時
 「おぉー。なんか変わったねぇ」と言わせて見せる。
 
 
少なくとも、この3つだけは必ず成し遂げる。
 
 
当面、夜遊びが出来なくなるだろうけど、功を成してから遊べばいい。
 
そのときは半端な遊びはしない! 派手に遊んでやる!
(心なしか邪(よこしま)な抱負になっている気が…)
01:37 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑