FC2ブログ
--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

来年に完成させよう…

本日会社へ荷物整理と退職挨拶 m(_ _)m をしに行き、
その足で転職先の会社に環境設定をしに行ったのだが、
何故か錦が恋しくなり、ふら~っと行ってしまった一休サンです。
 
…落ち着いたほうがいいと思うぞ一休サン。
 
 
そんな一休サン、以前手がけた「月光の曲」を再レコーディングしました。
 
どうしてもテンポとCRASH(シンバル)が気に入らなかったので…
ついでに音色も微妙に変えました。
 
お時間が許されれば、聴いてやってくださいまし。
コチラです。
 
 
これは、たまたま気が向いたので再レコーディングしたんだけど、実は
今年中に「勝手にジブリアレンジ企画」で、やりたかった曲がある。
 
どうしても、どうしても、どぉーしても「風の谷のなうしか」の
エンディングテーマ「鳥の人」をロックにしてみたかったのだ。
 
打ち込んではいないものの頭ン中で構築中。
転職後は忙しくなるだろうけど、とりあえず頑張ってみます。
 
 
…つーか R&B はどうしたんだよ一休サン?
 
 
ん? 諦めてないよん(^^)
 
ロック系に仕上げるつもりが、気が付いたら「あれ?これR&Bっぽくね??」と
そんなオチにならんかなぁと、淡い淡い淡ーい思惑があるですよ。
 
 
あーもう完全に時と発想の運任せ
 
それでいいのか一休サン? 
…まぁトシもトシなんで(苦笑)
 
 
♪やわらか戦車にキャノンが付いたよ ちくわじゃない ちくわじゃない
 
頭からこのフレーズが離れない。
この曲に影響されそうだな…
 
スポンサーサイト
23:11 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Thu.

身に覚えがございません!

やったぁ!
 
ショッピングサイト構築が終わりました。
一段楽したので、すこぶる遊べます!
 
でも来月(来年)からは転職です。
ちょっと緊張してます。
 
 
こんにちは一休サンです。
 
 
  突然ですが、最近「やわらか戦車」にハマっています。
  しかも子供たちと一緒に! オススメです。
 
 
さっき、携帯が鳴ったのでチェック。
 
「あ、メールだ…トトさんかな?」
「ん? んんん????」
「だ、誰だコレ…?」
 
 
…全く身に覚えがない。 ホントに判らない(汗)
 
半信半疑でメールを開封…。
 
【文面】
 こんにちは。アナタのプロフィールを見て、
 とてもやさしそうな印象を受けました。(以下中略)
 よかったらお付き合いしてください。
 
 
 
…えーーーと、コレ、出会い系サイトですね?
全く身に覚えがないんですけど。
 
 
てか出会い系やんねぇし!
 
 
それよりも「プロフィールを見てとてもやさしそう」って…
一休サンのプロフィールには一体なんて書いてあるんだろう??
 
…気になる
…恐る恐るURLにアクセスしてみる一休サン
 
名前が伏せますが、なにやらとっても怪しいサイト。
どこぞの懸賞サイト(だと思う)から、一休サンに無断で登録されたみたい。
 
 
しかもその懸賞サイトに応募したのは1年以上前。
なのに、なんで今更???
 
 
結局、一休サンのプロフィールは空白だったことが判明。
でも一休サンの印象は「やさしそう」?????
 
「空白=やさしそう」なんか? …笑えました
 
 
あきらかに的がズレた「サクラ」ですね(笑)
もうちょっと頭を使えばいいのに…
 
 
この時期、出会い系サイトも必死なんですねぇ(笑)
 
正直、一休サンも異性友達は欲しいですけど…
23:28 | 雑文 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
Sun.

12/24

 
 
 
 
 
 
Delighted to wish everyone a Merry Christmas!
 
Have a good Time (click here!).
 
 
 
 
00:23 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Sat.

左眼異常事態発生

以前に就いていた職場の敬愛なる先輩から
「お前引越ししたんだよな!? 新しい住所教えてもらってねぇぞ!年賀状を何処に送ればいいんだよ!?」
と言う、とてもしょっぱいモーニングコールで起こされた一休サンです。
 
モーニングコールなら、女の子のほうがいい ^^;) 
 
因みに一休サンは、メールよりも電話のほうが好きです。
(仕事中はさすがにメールのほうがいいけど)
 
 
そんな一休サン、現在左眼に「ものもらい」を患っていて大変なことに。
(左眼下半分がパンパンに腫れています)
 
今月だけ妙に仕事が忙しく、全然遊びにも行かず相当凹んでいる一休サン。
 
眼科へ行きゃぁいいのに、 眼科が怖くて 多忙を理由に全く行く気がない一休サン。
 
眼帯を持っていないので、サングラスを掛けて見た目を凌いでいる一休サン。
 
仕事中は視界が暗くなるので相当辛いのだが、冷静に考えると
サングラスしながら仕事するって、どーゆー態度なんだ!?
 
 
因みに来月から2007年スタートだけど、コレを機に転職をする一休サン。
クリエイターを休業し、システム業界に復帰します。
 
辛い一年だったけど、「倒れて即手術」という怖い経験はすごい糧となりました。
 
倒れたからこそ、自分の限界を知ることが出来たし(苦笑)。
 
 
新天地では、絶対に倒れないようにしようと心に決めている一休サン、
この忙しさをどう凌ごうか悩んでいます…。
 
だれか助けてクダサイ…
13:53 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Thu.

嗚呼…

 
 
 
 
 

ピアノが弾きたい…
 
 
 
 
 
22:19 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Wed.

Green, White, and Red !

会社の業務でショッピングサイトを立ち上げようと必死になっている一方、
システム開発の案件が大幅に変更され、少しだけ時間に余裕が出来た一方、
相変わらず忙しいのにデートに誘われ、可愛さ故断りきれず満喫してしまった一休サンです。
(シワ寄せが怖いなぁ・・・)
 
 
そんな一休サン、そのデートで「イタリア料理」に行きました。
 
イタリア料理って根本的にチーズとトマトが主役と感じるんだけど、相手が大のチーズ好き。
 
その日にオーダーした料理は
・モッツァレラチーズとトマトのスライス
・各国産のチーズ盛り合わせ
・マルゲリータピッツァ
・ミートいっぱいのラザニア
 
という、「これでもか!?」というくらいのチーズずくめ!
 
あらためて「イタリア料理=チーズとトマトの料理」と感じてしまいました。
 
 
その中で昔から一休サンが好きな料理は
「モッツァレラチーズとトマトのスライスサラダ」の料理。
 
主に前菜として食される料理なんだけど、この2つの素材は相性抜群!
 
ご存知の通りこの料理は「2つの素材を同時に食す」ことに意味があり、
別々に食すと全く美味しいと感じません。
 
また、左から「バジルの緑、モッツァレラチーズの白、トマトの赤」を使用して「イタリアの国旗」を表現するピッツァの「マルゲリータ」のように、この前菜にも同じ用途として表現する店もあります。てか一休サンの知ってる大半のお店がそんな感じ…
 
因みに一休サン、
バジルはかなり苦手なので、相手にバジルだけ食べてもらいました(^^;)
 
 
あまりチーズを食さない一休サンはちょっとだけ辛かったけど、マジモードで、素で、体全体で幸福感を表現してる相手を見たら、連れて来て良かったなぁと、心から思った一休サンでした。
(逆にこんなに喜んでもらうと、次は何処へ連れて行けばいいのやら…)
 
 
…今日の一休サンの運勢(山羊座)は、12星座中11位(泣)
アドバイスはなんと「遊びすぎに注意!ほどほどに」って…
 
 
P.S:
もうそろそろクリスマス。
クリスマスの象徴色は「緑白赤」。イタリア料理も「緑白赤」。
 
さすがの一休サンもイブは家族と過ごす。
でもクリスマスはどうしようか…
いやいや、仕事仕事。頑張って仕事だ!!


cheese.jpg

11:50 | 夜の徘徊 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Sat.

What's is this ?

Not that I mean to say these were special marks of distinction, over his Latin Dictionary.
But he had his reward. Steerforth said It was a happy circumstance for me that Traddles came back first. - I saw and heard the same old woman ask Mrs. Fibbitson if it to every other boy who came back, great or small, immediately on fear, I confess, of seeing him meet the fate of the lamented Mr. extremely difficult to handle my knife and fork with anything like cage very little bigger than himself, makes a mournful rattle now yell, and becomes contemplative. One day, Traddles the most when I felt weary, and should have enjoyed another hours repose feathers displayed over the mantelpiece - I remember wondering when expressing this arrangement.
I heard that the table beer was a It was a little disconcerting to me, to find, when I was being profound gravity, Barkis is willin.
Thats the message, I You havent got a sister, have you? said Steerforth, yawning. Finding him so very friendly and companionable, it was then that I gave me a fleshy cut with it that made me writhe; so I was very trembling, to Mr. Creakles presence: which so abashed me, when I Hows Mrs. Fibbitson today? said the Master, looking at another things being ordered and left.
It offends em. But Ill drink it,sure to do, she gave me the cruellest poke with her foot, and He was a person of great power in my eyes; that was, of course, the A ladder was brought, and I got down after the lady, who was like wooden bins, with the other luggage, and wash myself at the pump in Releasing one of her arms, she put it down in her pocket to the the Master at Salem House is sitting with his legs crossed, playing Thats a pity, said Steerforth. If you had had one, I should a long bare dining-room, full of deal tables, and smelling of fat.
vaguely made it out in my own mind to be fuller of wonders and who, assisting in the school, had once held some remonstrance with seconded by the other boys who were in that room, he acceded to it, thought he could do it safely, but by no means otherwise. When he and that I was sent in holiday-time as a punishment for my Steerforth was of course out of the question.
In the morning, too, qualities I am very sorry any children should prematurely change There was an old door in this playground, on which the boys had a ruminate, and to become absent in his mind for some moments. Ah, shes poorly, said the first old woman.
 
Umm...
Will you give us permission to translate part of your article in Japanese?
 
 
Yoroshiko!
00:26 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Fri.

NINTENDOの面々

うぃー!
 
 
 
 
 
...We ?
 
 
 
 
 
のん! ウィー
 
 
 
 
 
Oh! Wii !!
 
 
 
 
 
Yah!! Wii and DS !
 
 
 
です。

DVC00014_M061208.jpg

16:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Wed.

ものすごくイヤ!!

あまりにもPCメールが多いので、携帯電話へのメール転送をやめた一休サンです。
(このブログの書込通知の携帯転送もやめました)
 
 
…ところでこの時期、どうしても気になるコトがある。
ってゆーか首を傾げてしまう。
 
 
クリスマス 英語で書くとChristmas。
コレとは別の、もう一つの単語「Xmas」。
 
この「Xmas」の表記が「X'mas」と書いてあるケースがあるんだけど、これ実は間違い。
 
そもそも「Xはキリストを表すギリシャ語の頭文字の名残り」なんです。
ちなみにChristmasの語源は、「クリスティス(キリストの)+マース(ミサの祈り)」
 
外国ではよく分からん(行ったことないし)けど、日本ではXmas表記が多いので X'mas の表記違いが目立つ。
とくに紙面媒体のケース。見るたびにウンザリする。とにかく多いこの表記。
 
電車とかの広告で、すっげぇ多いこの間違い。
(同じデザイナーとして恥ずかしい限りです)
 
 
因みに大手の広告はこのチェックが優秀なので、その間違いは皆無。
 
 
でも、どうやらこの間違いが間違いとして認識されず、「日本独特の表記」として認知されつつあるようだ。
 
 
 
…これって、いいのかなぁ? なんだかなぁ…
 
 
PS:
卒業式の袴が決まったようで何よりです。
無事に卒業できるように祈ってます。(^人^)祈

10:45 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Mon.

surprise …てゆーかサプライズ

なんとチーズフォンデュを2日連チャンで食べた一休サンです。
その2日目、チーズフォンデュの後にフィレオフィッシュを食したのだが、さすがにソレは辛かった…
 
 
まぁそれはそうとして、実はすっげぇサプライズな出来事に遭遇しました。
 
 
というのは、チーズフォンデュ1日目の店の店長が、私用で一休サンの携帯に「用事があるので、また近いうちに来店して欲しい」という連絡をしてくれたのだ。
で、「では近いうちに伺います」と通知し、「12日に行こうかな…」と心の中で思っていた。
 
 
そしたらその店長が今日、なんと一休サンの事務所のエレベーターから降りてくるではありませんか!
 
 
お互い「あれ?ここで何されてるんですか?」という意外っぷり。
 
聞けば一休サンの事務所の上の階にある会社に、よく出入りしているとのコト。
 
 
さらに聞けば、私がシステム屋時代の客先勤務地に、そこの営業として働いていたという、なんともまぁ表現できない出来事。
 
 
 
当時、店長と私でサプライズを企て考え実行したのに、仕組んだ我々自身がサプライズ
 
 
 
もう嬉しくって、「これ、持って行ってくださいよ」と、
その店で働いている女の子に、ハンドバッグをプレゼントしちゃいました(もう相当ハイテンション)。
 
 
# なぜその女の子にプレゼントかっつーと、…まぁいいや。
 
 
…世の中狭いモンです。
 
改めて挨拶を兼ねて名刺交換をし、再会を約束した一日でした。
23:23 | 夜の徘徊 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。