FC2ブログ
--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Tue.

業界人でない人には、この記事はラリホー

最近の若い世代をアンケートした番組があった。
 
最近の学生サンは、「システム業界に就職したい」っていうコが多いようだけど、経験上好奇心だけで通用する業界ではない。それ相当の覚悟と、常に「充満したヤル気」を継続しなければなりません。相当の体力も必要です。
 
そんな歯痒い気持ちを解消すべく、書き出したかった気持ちがあったのでWritingします。
 
 
システム業界を離れて早や2年。完全に離れてはいないんだけど。
一休さんがバリバリの全盛期だったころは、確か26の頃かな。
 
なぜ一休さんがシステム業界に行ったのかは、コチラを参照してください。
 

---ここから専門用語が飛び交います。ラリホーにご注意---
 
当時の主流となっていた開発環境は
OS:Windows98とWindowsNT(4.0)
DB:Oracle7,AccessMDB
言語:VisualBasic5.0
DB接続:OLE, ODBC16bit, DAO,
     (2年後はBorland社のBDEが脚光を浴びる)
帳票ツール:Access97, CoReports, Fujitsu Form2
 
 などなど。まさにMicrosoft社の独壇場!
 
因みに一休さんはWindowsマンセー派です(笑)。しかしMacintoshもマンセー(OS-Xサイコーっす)。いいトコ取りの性格なんで(汗)
 
当時はこの環境でシステム開発をして、SE単価90万円が市場だった。俗に言う、オープン系システム開発ってヤツ。
 
一方で、PL/I、COBOL、IBM AS/400などの「ホストコンピュータ」と呼ばれるシステム開発も根強く出回ってた。
 
一休さんはまさしくこの環境で育ち、開発としては前者のほうで、腕にはかなりの自信を持ってた。実際、名指しで「一休さんを外注として雇いたい」っていうオファーがあったんだモン♪(威張)。
 
でも、この環境でシステム開発をしてると、当然この環境に馴染んで開発が出来る人種が増えてくる。当たり前なんだけどね。
 
しかし、この当たり前が市場を揺るがすことになるんです。
 
簡単に言えば、
誰でも出来る開発なら安い企業に発注する
ってコト。
 
このまま行けば、価格競争で競り負ける企業は仕事を失うことになる。いくら「当社はウデがいい人種が揃ってますよ!」ってアピールしても、同格の技術力がある企業のほうが価格が安けりゃ、ユーザーはそっちに行っちゃうんだよね。
 
ぢゃぁどうするか? どうしたら顧客を取得することができるか?
 
簡単な話です。「他企業にはない技術力」を持てばいいんです。
 
そうは言ってもそう簡単には技術力なんか付きません。
そんな簡単に身につけられる程度の技術力なら、また価格競争の繰り返し。
 
そこで少しずつ芽を出してきたのが、皆さんが今では当然のように使ってる「インターネット」という代物。
 
インターネットで稼動するシステムを構築しようとする場合、オープン系の知識だけでは通用しないんです。プログラミングという作業も、VisualBasicではなく、Perl,PHP,そして有名なJavaなどで開発をするんです。OSもWindowsではなくLinux(UNIX)へ。
 
当時は、この環境で開発可能な人種が極端に少なかった。
そして、インターネットの事業がそれほど普及していなかった。
今の「ライブチャット」なんて夢の世界。誰も実現してなかった。
 
さらにダメ押しで、手続き型指向(説明が面倒なので省略)からオブジェクト指向(これは説明できないので省略)へ。この2つは全く別の考え方なので、オブジェクト指向の概念さえ習得が困難。
 
手続き型指向 = 非オブジェクト指向 です。
 
一休さんもこれ(オブジェクト指向)で挫折し、システム業界を離れる決心をしました。覚える機会もなかったしね。
 
何が言いたいかっつーと、「システム屋ってのは、日々勉強を怠ると時代に着いていけなくなる業界で、ある意味弱肉強食の世界」なんですよ。
 
しかしながら、プログラミングは無理でも、ユーザーとのヒアリング、折衝能力、外部設計は未だ健在。そういった機会に出くわしたら、またシステム屋に戻りたい気持ちも逸るでしょうね。
 
もう一度、いま一度「カムバックIT」しようかな。
今なら「WEBデザイン、構築可能なSE」として売り込めるし。
ってゆーか、風の噂で未だにVBの仕事があることには驚きました!
(ヲイヲイ、ザセツシタ オイラ ノ タチバ ハ ドウナルンダヨ!?)
 
ちなみに一休さんのモットーはコチラ
 
あ、そうそう。もしJavaの仕事を貰えたら、
どれだけ弊害があろうが、
どんなに不満があろうが、
どんなに条件が悪かろうが、
どんなに常駐先に、上司に、同期に、部下に迷惑をかけようが、
 
惨めな姿を世間にさらすことになっても身に付ける事をオススメします。
 
覚える過程が恥ではなく、覚える期間も恥ではなく、
覚える過程にこだわって何も結果を出せないほうが恥なんです。
 
絶対に独学で覚えられるモンではありません。
独学で習得しようとする事こそ、システム業界を舐めてる証拠。
 
厳しい言い方ですが、業界ではそれが当たり前です。
講師がいるなら、迷惑をかけてでも活用すべきです
 
 
それが後々、講師への、企業への、客先への恩返しになります。
必ず!
 
 
書き足らないので、時間があれば自分のサイトでコーナーを設けます。
長文、お付き合いいただきありがとうございました。m(_ _)m
 
スポンサーサイト
00:04 | 仕事 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
Fri.

只今こんな気持ち

 
 
 
 
 
 
 
ミキティ~!ガンバレェ~!!
 
 
 
応援してるぞぉ~~~!!!
 
 
 
 


 
 
 
 
メッチャメチャ可愛いぢゃないですか!!
あの笑顔サイコーっす!
 
嗚呼、一休さんが独身だったら…
 
今日はキモく思われようが関係ない。
とにかく応援するのみ!!

 
一休さんは心から応援してマス!!
 
 
 
 
 
 
…イイトシコイテ、スミマセン。
19:22 | 物申す! | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
Thu.

めでたくブログスタートです

ブログをスタートすることになりました。
 
あ、このブログではなくて、一休さんの事務所にいる、現在私がPCを教えてるコ。
(HNをENERU(エネル)と申しまする)
 
コチラ http://eneru.blog42.fc2.com/ です。
 
まだブログはおろか、インターネット系の初心者です。

よって勉強しがてらなので、レスが遅れると思いますが暖かく見守ってくださいませ。
(特に女性の方、訪問よろしくお願い申し上げまする)
 
それはそうと、今日このコ(ENERUちゃん)に、
「一休さんのうなじ、色っぽいですね」
「一休さんが髪を後ろで縛っている時がいい感じ」

って言われた。
 

…はぁ!?
 
一休さんは♂なんですけど・・・。
 
嬉しいやら悲しいやら…。
 
褒められたにしても、
ヲトコたるもの、色っぽいと言われて如何なものか?
 
♂っつーのはサ、カッチョイイって言われたほうが嬉しいんだけど…。
(あからさまに "お世辞" とバレててもね)
 
あ、でも人によっては
「カワイイ」「キレイ」「色っぽい」って言われて嬉しいかも?
 
ですが、少なくとも一休さんは微妙です。
 
そもそも好きで髪をロン毛にしている訳ではなくて、
ただ単に年に一回しか髪を切らないだけなんです。
 
切るときはベリベリショートヘアにするんだけど、
今年は退院してから一度も切ってない。
 
なんでかっつーと、気が付いたら寒い季節になってしまったから。
今は「さっむい」し。風邪引きたくないし。
 
髪にあまりお金を遣う性分ではないんで…。(でも坊主は抵抗があるっす)
 
と こ ろ で …。
コチラ中部地方愛知県は、現在大寒波に見舞われ、とてつもなく寒い。
でもって凄まじいほどの雪、雪、雪。

DQで言うと「ヒャダルコ」かな。
(分かる人にだけ分かれば良いです)
 
雪って嫌いなんだけど、
なぜか将来は北海道で余生を過ごしたいと考える一休さんです。
 
またまたしょうもないブログでスミマセン。
ENERUちゃんを、よろしゅうお願いもうしあげますぅ。m(_ _)m
 
15:50 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Thu.

夜の世界を甘く見るな!

珍しく(?)キャバクラに行きました。
 
「珍しく」ってのは、
昔の上司に連れて行ってもらった大半は「ホステスクラブ」系が圧倒的で、
「キャバクラなんぞ無知で礼儀知らずなガキオンナが多い」 って
偏見持ってたんだ。
 
ところが行ってみるとそうでもない。偏見はある程度解消された。
(ある程度ね。全てではないよ)
 
ちゃんと「接待とは何ぞや?」ってことを理解してるコがいる。
ちゃんと報道をチェックして、一般客に合わせた対応が取れる。
ちゃんと客が喜ぶ術を編み出し、失礼のないように頑張ってる。
 
今、そんないいコ(頑張ってるコ)を一人だけ知ってる。
 
しかーし!
そんな子がいる一方で、
「客の隣にいて酒・タバコを嗜んでいるだけでお金を貰える」って
勘違いしている馬鹿女がいるのも事実。
 
それってどぉなん?
 
おめぇら給料貰ってる以上、れっきとした接待のプロなんだぞ!
 
仕事しろよ!
客に対して不快感与えるなよ!
顔でも雰囲気でも話題でもいいから、客を楽しませろよ!

 
別に色気や身体を求めてるわけぢゃなくて
「接待」という職業をナメんな! ってことだよ!
 
 
客の隣に来て酒作って、
あとは客がアクション起こすまで黙秘権乱用してるヤツ。

「とりあえずアナタの隣に座ったんだから、何か話し掛けてよ。」って
まるっきり自分の仕事を客に押し付ける馬鹿♀。
 
そんなのいらねぇよ!
 
何のために客は金を払ってるの?(体目的の馬鹿♂は置いといて)
 
女性の立場だとどうかはワカンナイけど(女性になったことがないからサ)
女性という見事で素晴らしい特性を、最大限に活用してほしいのです。
 

その一方でサ、同性という目から見て
見るに耐えない野郎がいるのも事実。
 
 
気に入ったキャバクラ嬢の番号を聞きだしたのはいいが、
メール交換の内容がいかにも「営業メール」ってコトにご立腹し、
 
「明らかに営業メールって分かるメールを入れてくるな!
 接待のプロならそれくらいの配慮をしろ!!」って怒ってる
そこのオトコノコ。 
 
「いっぱい店に通ったのに、期待外れの返信だった」って嘆いてる
そこのオトコノコ。 
 
それは違うぞ セニョリータ。
 
 
彼女たちは大勢の客に対し、営業メールを送るなんて至極当然。
 
彼女たちだって疲れるんだよ。大変なんだよ!
売り上げ上位の女の子は、キミ以外にも客はいるんだよ。
 
確かに売上№1を目指し、純粋に接待業に誇りをもってるお嬢様なら
その気のない客層にも頑張って、営業と悟られないよう頑張るさ。
 
だけどさ、
№1に執着していないコとか、
お小遣いを稼ぎたいレベルで留めてるコとか、いっぱいいるんだよ。
 
お嬢さん全員が、そんな意識を持ってるとは限らないんだよ。
 

賢い女の子なら、いや一休さんが女の子なら、決して自分を安く売らない!
 
大きな器で迎えてくれるヒトを選定するために、
一休さんなら営業メールで客をフィルターに掛ける。
 
むしろ「メールありがとう」って言ってくれる男性客を大事にしたいからね。
 
営業メールってのは、第一関門なんだよ!
 

そのコに気に入られたのなら
愛情の深いメールを希望するなら
今後も楽しいひと時を過ごしたいのなら
自分も気に入ってもらえるよう、頑張って努力しないと駄目!
 
いくら接待業のコでも、女性なんだから。人間なんだから。
客を選べなくても、イチ個人でならヲトコを選ぶ権利がある! 

金だけで、客という立場だけで、女の子をオトそうなんて無理!

期待するだけ無駄。

ムダ。ムダムダ。ムゥダァ!
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄
ムダァ!! 
 
いきなり色気仕掛けで接近するコは、お水の商売では存在しません。
女性を軽視しないように!
 

男性も女性も、夜の仕事をナメないように!
気分の良いひと時を過ごしましょう。
11:57 | 男と女 | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑
Fri.

自分のブログに「三日坊主ですみません」

今週は
告別式やら、購入した中古団地やらで余裕がなく、
また自社サイトの構築に没頭して時間がなく、
クラブのおねぇちゃんのお誘いも「忙しいから(本音:お金がないから)」と…。

まぁ、どんなに言い訳しても「ブログは三日坊主」。
自分のブログに「ゴメンナサイ」

今日は金曜日。
一般のサラリーマンは、俗に言う"花金"ですよ。ええ。

この時間、呑んだぐれてベロンベロンの輩がウロついてんだろうな。
(知人も今日はキャバクラへGo!って言ってたし)

お金もある程度持ってて、いい気分味わってるんだろうねぇ。


いいなぁ。

一休さんは手術後、経過が良くないんで
未だ「Dr.すトップ!!」なんで、雰囲気も味わえねぇ。
ってゆーか、同行したら食欲を抑えられないだろうし。


早く元気になりてぇなぁ…。


元気になったら、
●1.5倍くらい仕事して
●夜遊びもほどほどにして
●ちょこっとだけ贅沢して

あとは老後のために貯金貯金(夢のねぇ話しだなぁヲイ)。


嗚呼、今日は愚痴が多そうだ。
読んでくれる人を不快に思わせそうだから、もう今日はやめとこっ。

hissyさんとこの仕事ができるようになったんで、
明日くらいにやっておこう。

ツマランブログデスミマセン  m(_ _)m
20:22 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑
Fri.

今の時代を振り返って…

突然、DVD-RAMが動かなくなった。

理由はわからんけど、とにかく突然の出来事。
何の媒体が入っているのか、認識すらしやがらない。

この先間違いなく (ってゆーか今もう既にそうなんだけど)
・CDバックアップの時代
・CDインストールの時代
・CDでシステムを納品する時代

これらの代わりはDVDに世代交代するんだろうな。

今やバルグ製品のDVD-RAMに¥10,000も出せば
そこそこの代物が入手できる時代。


いい時代になったもんだ。

PCも私がSE全盛期だったころよりも格段に性能が良ろしゅうなって…。
またHDDの容量も、当時の10倍以上のモンが当時と同等の値段。

ホント、いい時代になったもんだ。

さらに言うなれば、15年位前まで「VHSかβか」の選択が、
今やビデオ録画からPC録画・DVD録画へと変化。画質劣化なし!

いやぁ、進歩って凄い。ホントいい時代になったモンだ。

ホントか?
ホントにいい時代か?
商品や技術の発展だけで、いい時代と言っていいのか??

技術の進歩を悪用、もしくは勘違いをしているととんでもないことが起きる。

その代表的な例が偽造マンション。

あんだけ話題になってさ、
住民には多大な不安を与え、キムラ建設は事実上の倒産。
ヒューザー社長なんか、一休さんの見解でいえば「男ぢゃない」

こんなコトになった発端者である姉歯氏の処分は「罰金50万円」。
どっかの番組でそう言ってました。

納得できねぇ!!

極刑にならなくとも、道徳心から考えて「然るべき謝罪」をすべきでは?

TVに出てくる姉歯氏の顔ときたら…、
ホントに反省してんのか?
ホントに一級建築士か?
ホントに自分の仕事に誇りを持ってんのか?
ホントに罪という言葉の意味を理解しているか??

と、メガホン持って本人の耳元で叫んでやりたい。

もし一休さんが判決を言える立場なら、
国でもなく、区でもなく、自治体でもなく
ヒューザー社長、キムラ建設、そんで姉歯氏で
対象となるすべての住民の生活を、保証するべきであると考えるのだ!!

「大改造ビフォーアフター」っていう大好きな番組があるんだけど
今回の惨事は、この番組と正反対の内容だと思う。

とにかく許せない!

一級建築士ってこんなモンぢゃないだろ!!!

高校卒業したとき、建築士になりたかった一休さんの夢を砕かれた気がする。

困っているのは、
責任のなすり合いをしている馬鹿どもではなく、
そこのローンを組んで生活している住民である
ことを、
行政の皆さんに、切に認識してもらいたい。

書き足らないけど、いつになくヒートしてしまった…。
23:02 | 未分類 | comments (3) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。